ポケモンGO 自宅から一歩も出ずに遊ぶ方法

コロナ影響でポケモンGOの仕様が変わり、以前より自宅から一歩も出ずに楽しめるようになってきた。

なので、実際にはどうなのか?出来ることを検証してみた。

実施環境

今回の検証環境は自宅。幸いにも近くにジムx1、ポケストップx1がある。と言っても、仕様変更前は届かない距離だった。ポケモンGOの仕様変更で今は届く距離となっている。この仕様はこのままであって欲しいところ。

道具の取得

上記の通り、ジムとポケストップが1つずつあるため、定期的に道具は取得できる。モンスターボールや薬系なども問題無し。ギフトやタマゴも手に入る。

ポケモンの捕獲(XP稼ぎ/ほしのすな稼ぎ)

約10~15分に1匹程度出現するので問題なし。アイテムのおこうを使えば、約5分毎に1匹くらいは出現する。これは移動しているときのポケモン出現数とは比較にならないくらい少ないけれど、ポケモンが全く出現しないわけではないので問題無し。XP稼ぎ、ほしのすな集めには効率は良くないけれど。

タマゴの孵化

これもコロナ影響で仕様が変更された部分で、スマホを手に持って降れば歩数が稼げる。なので、自宅にいてもタマゴ孵化は問題無し。

私は運動不足解消にスマホを持ってエア縄跳びをやっている。どのくらいの距離が稼げるのかは下記記事を参考にどうぞ。

ポケモンGO 自宅でたまごを孵化させる方法
ポケモンGOは自宅にいてもスマホを持って歩いたり、振ったりすることで距離が加算されるようにアップデートされています。 コロナウイルスで自粛要請が出る前は、特に意識せずともたまごはバンバン孵化していたんですが、今では仕事がリモートワーク...

事情があって運動ができない、若しくは運動をしたくないという場合は自動スイングするスマホスタンドが使える。

磁石で動作するスタンドもあるが、スマホが誤動作する影響を考慮して磁石不使用のものがいいだろう。

また、動作時にうるさいのは問題外なので静音設計のものが良い。

となると、このあたりが良さげ。


(1年保証)回転スイング バランスボール 歩数を増やす 稼ぐ 日本語説明書付き 永久運動 携帯電話自動スイング スマホスタンド USB給電 振り子教育玩具 スマートフォン ポケモンゴー(Pokemon GO)やwalkr、Google Fitに

現在は屋内での歩数もカウントされる仕様になったため、スマホを振動させることで距離がカウントされるが、いずれは屋外で動いた距離がカウントされるという元の仕様に戻る可能性もある。これはナイアンテック次第。

レイドバトル

近くにジムがあれば1日1枚手に入るレイドパスで参加可能。近くにジムが無い場合にはリモートレイドパスを使用すれば参加できる。これも問題なし。

リモートレイドパスは1枚100ポケコイン。3枚まとめて購入すると250ポケコイン。私はリモートレイドパスを使いまくってる。課金で一番使う道具かもしれない。

GOバトルリーグ(PVP)

GOバトルリーグは場所を問わないので自宅でも問題なくプレイできる。しばらく停止状態だったが、現在はバトルできる状況になっている(2020/6/24現在)。

実装当初はGOバトルリーグに参加するのには一定の距離を稼ぐか、ポケコインを使用する必要があったが、コロナウイルスの影響で左記条件は不要となった。

だが、外出自粛が解禁された今、当初の仕様に戻る可能性が高い。これもナイアンテック次第。

まとめ

ポケモンGOは実際に歩いたり、出かけたりして屋外で楽しむゲームではあるけれど、やり方次第では自宅だけでも楽しめるゲームになった。これはコロナウイルスの影響によるものだけど、当分はこの仕様が続くと思われる(もしくはスタンダードになるのかもしれない)。

ポケモンの捕獲と道具を自動的に集めたい場合には下記記事を参考にどうぞ。自宅でも屋外でも使える方法でとても楽ちんです。

ポケモンGO オートキャッチ3 レビュー
ポケモンGOでポケモンを自動で捕獲してくれるオートキャッチ3をガッツリ3日間使ってみたレビューです。 オートキャッチ3本体と付属品 パッケージを開けたらこんな状態になってる。かなりスマートウォッチ感がある。これなら仕事の時に...
タイトルとURLをコピーしました